お客様が増える手書きニュースレター

手書きニュースレターひな型テンプレート及び作成サポートならコミュニケーション・ツール.jp

Communication-Tool.jp にお越しくださいまして本当にありがとうございます!

ニュースレターは、お客様をつくり・維持するために最も重要な販促ツールです!

ニュースレターが必要な理由は他の記事もご覧ください。

◎売上よりも人との交流を第一に考えた視点で見る(ニュースレターを創る)≫
◎ニュースレターを作成するのは難しくない!?簡単に作成できるツールを公開中!≫
◎ニュースレターは代行するのが手っ取り早いって本当!?その理由とは≫
◎誰でも簡単にできるニュースレターの作り方と構成≫
◎2種類の効果的な、治療院・サロン向けニュースレター【実践例】≫

 

ニュースレター記事の7~8割は健康、生き方、ライフスタイルのテーマであれば、どのような業種・業態であってもそのままご利用できます。

Communication-Tool.jpでは、治療院・整体院向け/健康美容通販に”手書き”ニュースレター雛型テンプレートを提供しておりますが、その他にも、サロン、保険代理店、野菜定期宅配、介護・ケアハウス、不動産業などでもご活用いただいております!

●販促ツールとしてのニュースレターを、なるべく安く、楽に作りたい!
●売り込みの臭いがしないDM用の情報誌が欲しい!
●院内、館内配布用の情報誌がほしい!
●お客様とのつながりを少しでも継続させたい!
●結果、売上やリピートに繋がるニュースレターを使いたい!
●手書きのような、雰囲気のあるひな型がほしい!
●「健康」「生き方」「アンチエイジング」系の記事が欲しい!

もし、あなたがこのようなことで悩まれていたとしたら・・・

communication-tool.jpの
手書きニュースレター作成サービス
をぜひご活用ください

手書きニュースレターは、安心感や温もりを伝えますが、定期的に情報を発行し一人一人にお伝える「手紙」です。お客様にとって、お役に立つ情報などを継続的にお伝えすることですが、本質的には、ニュースレターを通じて、お客様と定期的にエネルギー交流をするとお考えください。

ネット社会の現代、メールやSNSが多用されていますが、相手に想いを伝えるためには手書きにかなうものはありません。書き手の想いや雰囲気を読み手が観じることができます。あなたにとって丁度良い人、必要な人を引き寄せてくれるでしょう。

 

◎治療院・整体院向け 手書きニュースレターひな型テンプレート(A4サイズ版)

※店舗専用の商品です。通販としてご利用できません
※同一市区町に1店舗のみのご提供になります

 お店であれば、次回予約率や顧客単価を上げるツールとして、治療院・サロン・美容院・エステなどにおススメです。手書きは、温かさや誠実さ、一生懸命さを自然にアピールしてくれます!

 料金:3,500円+税/毎月発行

サービズ詳細はこちら≫

サンプルを見る(PDFファイルが開きます)≫

◎健康美容通販向け 手書きニュースレターひな型テンプレート(A4サイズ版)

※通販、店舗ともに使用できます!
※同一市区町に1店舗のみのご提供になります

90%が手書きです。健康、生き方やライフワークの記事がメインなので業種業態を選びません。ワードで「お知らせ」「会社情報」「編集後記」を入力するだけで完成です。通販であれば、お試しセット、商品やDMに同梱して売上アップのツールとして ご活用いただけます!

 料金:4,000円+税/毎月発行

サービズ詳細はこちら≫

サンプルを見る(PDFファイルが開きます)≫

◎見開き4ページ用 手書きニュースレター作成代行(A3サイズ版)

※通販、店舗ともに使用できます!

A4サイズで見開き4ページの手書きニュースレターを作成いたします。
表面・裏面ともに100%が手書きで作成しています。「タイトルバナー」「会社情報」はオリジナルで作成します。「あいさつ文」「編集後記」については、ひな型をそのまま使用されてもOKですし、オリジナルの文章をお送りいただければ手書きにて作成いたします。

 料金:12,000円+税/毎月発行

サービズ詳細はこちら≫

おわりに

私たちが提供させていただいているものは、販促ツールとしてのただのニュースレターです。
同時に、私たちの理念は「宇宙との調和」でもあります。

そのニュースレターを通じて、リピート、売上などの現実的なサポートを含め、この媒体に関わるすべての方が、何かに気づき、深化し、すべての存在が、自然の仕組みに適って共栄共存し、生き生きと生きられる… このようなエネルギーが生みだされる媒体創りを追究していく所存です。

販促ツールとして、また、人・環境に対する甦生化装置として。
たかがニュースレター、されどニュースレター。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 

コミュニケーション・ツール.jp 代表