会社概要 / プロフィール

ごあいさつ

Communication-Tool.jp 代表の淺田尚弘と申します。

この度は、手書きニュースレターひな形テンプレート&作成支援のサービスにご興味をお持ちいただきありがとうございます。

ニュースレターに興味があるということは、マーケティングや経営についてかなり勉強されている方だと思います。そうでない限り、集客や売上ばかりに目が行くばかりで、なかなかニュースレターには行きつかないものです。

ですから、書籍を出しているわけでもなく、ましてや有名人でもない当サイトにお越しいただいて本当にありがとうございます。

以前、難病を自然療法で改善するサポートを行っているNPO法人を経営面でサポートしていた時期があります。今の時代でこそ当たり前になっていますが、病気という現象の水面下には、ライフスタイル、食生活の乱れが原因になっているということ、さらには心の持ち方、考え方のクセなどが、症状に大きく影響をもたらしているというような考え方をベースにしていました。

言い方を変えれば、「病気はメッセージ」ということになるのだと思います。

健康に関する記事の根底には、その頃の知識・ノウハウがベースになっています。
私自身も幼少からの病気という体験を通じて、健康の本質とは何かを人生において学ばされている一人です。そのような流れもあり、「健康」を通じて何か社会還元をしていければと想っております。

このサイトの根底にあるもの

自然の仕組みに適った調和のとれた環境を生みだす。
自然界の生態系の循環と調和のとれたモノを生みだす。

こんなことを 私たちは理念として掲げております。

それは私の深い部分からくる何かであって、そうしろといわれたものでもなく、そうしなければいけないものでもありません。ただなんとなくそうした方がいいような気がする…なんとなくで始まる直観のようなものです。

自然界の肉食動物は、生きていくに必要な必要最小限しか摂取しません。 時には2週間近く、食もとれない日が続きます。 お腹一杯食べると、横を草食動物が通っても知らんぷりです。

人間界は、この自然界の「必要最小限」というルールの一つを大幅に無視しています。お金というエネルギーを必要以上に自分に引き寄せるだけ引き寄せ、 できる限り自分でコントールできる環境を創ろうとします。お金を含めたさまざまなエネルギーを調和のとれた形で分配しようとする意識が芽生えません。

だからこそ、農耕民族として遺伝子を持つ私たちは日本人は、草食系経営者として、調和のとれた方向に向かう意識と意志を持って、商品・サービスを生み出していきたいと思っています。

代表 淺田尚弘プロフィール

communication-tool.jpの淺田尚弘です

  • Communication-Tool.jp 代表
  • サラート心理研究所 代表
  • 産業・組織心理カウンセラー
  • NLP心理学マスタープラクティショナー

1965年生 福岡県北九州市出身。
現在、妻と子供と猫(ロシアンブルー)の3人と1匹で暮らしてます。趣味は、水泳、武道、オリーブとハーブを中心にしたガーデニングです。有酸素運動はおススメです。
近隣小学校を中心にPTAや先生に対して、NLP心理学を活用した親子のコミュニケーションセミナーなどをたまに行っています。

ノストラダムスではありませんが…

誰もが予想した運命の年?1999年に結婚・出産を機に郵政省(現日本郵政)を退職し、1年間のセミリタイアをしました。その当時、中小企業や小さな会社が儲けるためのマーケティングの土台を築いたとも言える経営コンサルタントの神田昌典氏の顧客獲得実践会に入会して勉強しました。

そのおかげで、その後偶然にも友人から教育関係会社の運営のサポートの依頼をされましたが、赤字だった経営が、基盤となる通信販売事業を確立し黒字にする仕組みを創ることができました。売れるものは何でもパッケージ化して販売したり、教育系CDオーディオ会員や健康食品などの定期宅配コースも手掛けましたが、何よりも公務員あがりの素人の私でも仕組みを作ることができたことは私にとっては奇跡でした。

このように私のマーケティングの考え方は、神田昌典氏のメソッドが土台となっています。 また、当時有名だった通販会社社長のコンサルタントも受けました。

この赤字だった会社は、船井幸雄氏が主宰していた「フナイオープンワールド」の講師として招聘される方が社長でした。

この会社は、自然の仕組みに適って調和のとれたものを生み出すという理念を基にして、人間の自我に向き合い活動するという、ちょっとした怪しい会社でした。ただ、当時の私にとっては非常に斬新で、驚きや気づきがたくさんありました。

その源流は、今も変わってないかもしれません。

なぜかよく役員をお願いされてきました

2003年からは、ウェブホスティングサービス日本支社代表として業務立上げに従事し、2004年から、出版会社取締役としてガンの自然療法・代替療法などのサポート業務、企画・教材開発及び売上アップの仕組みづくりを実施しました。

私自身のライフワークが「健康の本質」の追究でもあったこともあり、この時の業務が、Communication-Tool.jp の考え方に大きな影響を受けています。この時期には、コミュニケーションの重要性を認識しました。ガン患者の多くが人間関係のストレスが原因との統計を知らせていたこともありますし、1:1.6:(1.6)二乗の法則にあるように、信頼関係が構築されて自発性が増すと、仕事の効率が約3倍アップします。

また、経営者に関しても、社員、顧客よりも家族とのコミュニケーションがもっとも重要になってくることも分かりました。そこで、カウンセリング技術、コーチング、NLP心理学を学んで、マーケティングや組織創りに応用していくようになりました。脳の仕様や人間の行動のクセを知って仕組みを作る方が何倍も効率がよくなりました。

communication-tool.jp

2007年以降、小さな会社向けに、理念を形にしていくビジネスモデルのサポート、TPI心理テストによる個人診断や組織診断などを行なってきました。同時に、ニュースレター作成のアドバイスや作成支援を行う機会が増えてきました。そういう流れもあって、自分のライフワークである「健康の本質」を勉強しながら記事にしようと思い、コミュニケーション・ツール.jp を立ち上げさせていただきました。

今後ともよろしくお願いいたします。

会社概要・基本理念

販売者屋号 Communication-Tool.jp
(コミュニケーションツール.jp)
責任者 淺田 尚弘
所在地 〒215-0012
神奈川県川崎市麻生区東百合ヶ丘1-7-17
サラート心理研究所 内
電話番号 代表 044-969-2106 平日10時-17時
設立 2007年3月設立
注文方法 お申し込みフォーム、電子メール
事業内容
  • 手書きニュースレターひな型テンプレートの販売
  • 販促ツールの販売
  • 経営に関するカウンセリング
  • コンテンツの企画 など
基本理念 Management on the basis of a law of Universe,
Human being psychology, Useful and happy.
=宇宙との調和
=人と組織(家族を含む)の甦生化
価値観 「人間とは何か?」この問いが根底にあります。

クライアントさまの目的に適うことはもちろんのことですが、鉱物、植物、動物、人間、微生物など、すべての存在が自然の仕組みに適って共栄共存し、生き生きと生きられる…
このようなエネルギーが生みだされるにはどのようにすればいいのか?という問いを深くプログラムさせていただいております。

現象に捉われず以下の視点を常に持ち続け追究していきます。

  • 真の交流とは何かを追究してまいります
  • 自然界と調和したデザインとは何かを追究してまいります
  • 調和のとれた記事とは何かを追究してまいります
  • 甦生化するとは何かを追究してまいります。
  • 人間とは何かを追究してまいります
  • 病気・健康の本質とは何かを追究してまいります