イメージ画像

健康美容通販/治療院向けニュースレターひな型【8月号】配信中

ニュースレター作成支援のご案内です。

communication-tool.jp から提供しています
3種類のニュースレターひな型テンプレート <2018年8月号> のダウンロードを、7/22 より開始しております。

この投稿の続きを読む »

タグ

2018年7月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:サービス情報

整体・サロン向け:繁盛するための商品切り口分析チャート

こんにちは、淺田尚弘です。

 

先日、商品を売る場合の売れる切り口を
「必要性」と「欲求」という2つの視点から考える方法をお伝えしました。

詳しくは以下の記事をご覧ください。
・商品切り口分析チャート・・・普通の商品を売れる商品にするためには?

 

今回は、治療院・サロンのサービスについて切り口を考えてみることにします。

 

この投稿の続きを読む »

タグ

2013年10月2日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:治療・整体院向け販促のヒント

治療院・サロン向け-○○でNO.1をあえて入れちゃいなよ!

こんにちは、淺田尚弘です。

 

今回の記事は、治療院・サロンなどの施術業向け記事をお届けします。

「○○でNO.1」と決めましょう、というテーマです。

はずかしいでしょうし、気が引けるかもしれないですが、
大丈夫、簡単にできます、勇気さえあれば。

 

そもそも小さい会社=弱者では、とにかく何かでNO.1を創らなければいけません。
そして、そのことを目標にする必要があります。

なぜなら、人っていうのは、NO.1が大好きだからです。
NO.2というのは残念ながら覚えてもらえません。

 

この投稿の続きを読む »

タグ

2013年9月9日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:治療・整体院向け販促のヒント

お客様と親しくなる瞬間を意図して創りだす方法

こんにちは、淺田尚弘です。

 

今回の記事は、治療院・サロンなどの施術業向け記事をお届けしますが、
人間の根底の部分に多少触れていますので、すべての業種の方にご覧いただければ幸いです。

来院される患者さん、お客様と親しくなる瞬間、
親しくなったと思われる瞬間があると思われます。

親しくなったということは、患者さま・お客様が、
あなたの治療院・サロンに対して心を開いたということです。

その状況をいろんな先生にお聞きしていると、ある共通点があることがわかりました。

 

この投稿の続きを読む »

タグ

2013年8月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:治療・整体院向け販促のヒント

2種類の効果的な、治療院・サロン向けニュースレター【実践例】

こんにちは、淺田尚弘です。

 

タイトルどおり、2種類の効果的な、治療院・サロン向けニュースレターをお伝えいたします。

また、ハガキニュースレターの具体例などをよく質問されるようになりましたので、
簡単な創り方(記事の内容など)を追記しています。

この投稿の続きを読む »

タグ

2012年11月6日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:治療・整体院向け販促のヒント

治療院・サロン向け【手書きチラシ】の実践例

こんにちは、淺田尚弘です。

 

チラシの制作について、まず初めに言っておきますと、
最初から絶対に制作業者などにまかせて楽をしないようにしてください。

頭を使うことは単純作業より何倍を大変ですが、
自分たちで考えること、このプロセスが人生においても最も良い学びになります。

この投稿の続きを読む »

タグ

2012年10月29日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:治療・整体院向け販促のヒント

売り手の錯覚注意!治療院・サロンのリピート率を上げる16の条件

こんにちは、淺田尚弘です。

 

とかく集客をしても、成約率を上げても、リピートが悪ければ苦しい経営になるのは自然の理です。

店舗であれ、通販であれ、業種に関係なく、リピート率を高くすることは、
繁盛店になるためには欠かせない要因です。

果たしてこのリピートというやつは・・・

・治療や施術がうまいから繁盛するのでしょうか?
・商品力が高いから繁盛するのでしょうか?
・おいしいから繁盛するのでしょうか?

 

実は、そうではないのです・・・
技術力以外の部分に要因があるんです!

この投稿の続きを読む »

タグ

2012年9月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:治療・整体院向け販促のヒント

20秒以内で、お店のコンセプトを言えますか?

こんにちは、淺田尚弘です。

 

今回は、自分のお店に対する商品コンセプトについて、もう一度再確認していただきたい、
そういう記事をお届けします。

少しノウハウ系になっています。

 

先日、治療院の先生から、こういうご相談を受けました。

「100メートル先に整骨院があるのに、
50メートル先にまた何かの治療院ができそうです。どうしましょう?」

 

私こそ教えてください…と、喉まででていたのですが(笑)、
こういう流れになりました。

それは、お店のコンセプトをもう一度見直してみよう、です。

この投稿の続きを読む »

タグ

2012年8月6日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:治療・整体院向け販促のヒント

このページの先頭へ