イメージ画像

お客様の無意識を動かし、お店の売上を上げるためのPOPの書き方

こんにちは、淺田尚弘です。

 

今回は、お客様の無意識を動かし、
お店の売上を上げるためのPOPの書き方をお伝えします。

 

売上を上げるというのは…

利益率の高いものをできるだけ売る、
思わず追加注文をしたくなること、
売れ残ってしまった商品をできるだけ売ること
そして、再来店率を上げたりすることです。

こういう理想の状態を、言葉と紙とペンで行うことですね。

今回は、テクニックを5つほどご紹介いたします。

この投稿の続きを読む »

タグ

2014年3月2日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:売上・集客・成約率を改善

小さな会社・お店が信頼されるための効果的なニュースレターコンテンツ

こんにちは、淺田尚弘です。

 

売るための方便というものがあります。
本当はこう思っているのに、こう感じているのに、売らないといけないので、当たり障りのない言葉を伝える。

この投稿の続きを読む »

タグ

2013年6月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ニュースレターを創る

まずはライバル店を認めて違うベクトルで勝負する

こんにちは、淺田尚弘です。

 

どんな業種で商品やサービスを販売していても必ず競合他社=ライバルが存在します。
ライバルが自分のお店よりも繁盛してそうだったりすると、正直、嫉妬したり嫌な気持ちになります。

この投稿の続きを読む »

タグ

2013年5月14日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:治療・整体院向け販促のヒント

口コミのためのお客様への接触頻度と指示

こんにちは、淺田尚弘です。

 

「あそこのお店は口コミが多いらしくて、いいよな~」
「この商品だけ売れなくてね~」

という会話をミーティングのときにお聞きします。

口コミが起きる根本理由は、まず目に見える効果があったかどうか、
自分に起こった変化に気がついたとき、思ってもみなかった発見をしたとき・・・

一言でいうと、最初の予想と良い意味のギャップが大きかった場合が前提になります。

この投稿の続きを読む »

タグ

2012年8月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:売上・集客・成約率を改善

このページの先頭へ