イメージ画像

サロン・治療院編:ニュースレターは何回送ればいいのか?

こんにちは、淺田尚弘です。

 

「ニュースレターは何回送ればいいのですか?」

ニュースレターを発行する際、必ず質問されますので、
通信販売と店舗を例にとって、少し考え方をお伝えします。

前回は、通信販売編でした。

まだの方は、こちらから通信販売編 お読みください。



今回は店舗編です。

 

ニュースレターはどんな店舗に置いても、渡しても、

その店舗の雰囲気にあっていれば問題はありません。

店舗といってもスーパーマーケットのようなものありますし、自然食品店もありますし、
焼鳥屋さんを始めとした飲食店、サロン、治療院、医院などたくさんあります。

その中で、特にニュースレターという販促ツールが効果を発揮する業種は、
お客様とスタッフとのコミュニケーションの密度が、ダイレクトに売上に繋がる
度合いが高い業種です。

 

例えば、健康サロン、エステ、治療院など、
お客様にカウンセリングをするケースが多いお店です。

 

もちろんサービスやお店の方針にもよります。

お客様が、お店の外に一歩でても、忘れさせない、
常に思いだしてもらいやすい施策としてニュースレターをお渡しすると効果的です。

 

店舗の場合は、A4サイズ、B5サイズの大きさの両面印刷がベストです。

店舗内にパソコンがあればすぐに印刷できますし、コストが安くすみますし、
ちょっとコンビニで両面コピーもできます。

そこで、店舗でのニュースレターの活用方法は2つお伝えいたします。

 

 

店舗で毎月配る、レジで手渡しする

月1回、来店されるお客様もいるでしょうから、毎月配布が基本。

お役立ち記事を中心にニュースレターを創りますが、少し工夫をします。

全体の1割を、今月・来月のキャンペーン、おススメ情報、お得な情報を載せます。

この情報が大き過ぎると売り込みになりますから、さり気なく、を基本として全体の1割にします。
できれば今月と来月の2ヶ月分を作るのがミソです。

キャンペーンなどをやっていない店舗は、ニュースレターを創ることをきっかけとして、
新たに12カ月分=12回のキャンペーンを新たに作ってみようという視点、
これを持つことが非常に重要です。

必ず智慧を絞ってください。新たな発見があります。

 

 

定期的(2~4か月に1度)にお客様へ郵送する

店舗でもニュースレターを郵送すると、休眠客にも効果があります。

「忘れてた、そろそろいかなきゃね」なんて。

チラシは捨てられやすいですが、ニュースレターは見てくれます。

「ニュースレター見てるよ」なんて声をかけてくれます。

お客様に一番反応のあるニュースレターは、
不器用に一生懸命作った感が伝わる手書きのニュースレターです。

手書きはタダでできます、温かい、人間性が伝わります。

封筒に入れて送る方法でもいいでしょうし、ハガキをニュースレター代わりにして、
ハガキニュースレターとして送付している方もいらっしゃいます。

 

いかがでしたか?

ニュースレターは、お客様とエネルギー交流するツールです。

これを機に、ニュースレターを活用してくださいね。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

あわせて読みたい関連記事▼

タグ

2012年5月23日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:治療・整体院向け販促のヒント

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ