イメージ画像

お客様と親しくなる瞬間を意図して創りだす方法

こんにちは、淺田尚弘です。

 

今回の記事は、治療院・サロンなどの施術業向け記事をお届けしますが、
人間の根底の部分に多少触れていますので、すべての業種の方にご覧いただければ幸いです。

来院される患者さん、お客様と親しくなる瞬間、
親しくなったと思われる瞬間があると思われます。

親しくなったということは、患者さま・お客様が、
あなたの治療院・サロンに対して心を開いたということです。

その状況をいろんな先生にお聞きしていると、ある共通点があることがわかりました。

 

a0007_001765

 

それは、必ず自分の家族の話をする、ということです。

 

重要なのでもう一度いいますと、家族の話をしはじめるととき、
それはあなたに対して心を開いた証拠だと思ってください。

あるときは愚痴、文句、相談っぽいときもあるかもしれません。

逆に今、あなたのお店の熱烈なファンの方で、家族のことを話してない人はいますか?
いないはずです。

 

「この人なら、私のことを理解してもらえる」

 

このように感じているんですね。

信頼関係ができてくると、こちらのペースで進みやすくなりますし、
多少の上から目線でお客様のために叱ることもでできます。

意外に叱られるのを待っている人が多いものです。

 

ただ、家族の話がまだ出てもいないのに、慣れなれしくしたり、
上から目線の対応をすると、去っていってしまう確率が高くなります。

 

では、患者さま・お客様との信頼関係度を意図して高くする方法はないのでしょうか?

それには・・・まず、自分の家族のことを語ることです。

 

自分の家族のエピソードや失敗談を、お客様に合わせて、語ります。

治療方針、健康の定義、などを説明するときに、
いくつかのストーリーを用意しておいて語るという方法も効果があります。

また、こちらから先に自己開示するんです。それも家族のことを。

そうすれば、お客様との信頼が増します。

 

私がアドバイスしている採用面接の方法は、
面接者に対して、7歳前後の家族の関係を思い出させる質問をします。

横浜市長に当選した、橋下徹氏は、奥さんと中がよく、
子だくさんで幸せな家庭を築いていらっしゃいますね。

誰もは、選挙のマニフェストだけを比較してますが、
家族にきちんと向き合っている、奥さんを大切にしている・・・だから誠実だという
無意識的な心理が強く作用していると私は思っています。

 

話は脱線しましたが、それだけ、家族の在り方は重要で、
それを開示できるくらいの場を創って、お客様と信頼関係を高めてください。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

あわせて読みたい関連記事▼

タグ

2013年8月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:治療・整体院向け販促のヒント

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ