イメージ画像

ニュースレターは代行するのが手っ取り早いって本当!?その理由とは

健康食品など、物を売っているような会社であれば、どれだけお客様に認知され購入してもらえるのかが重要になってくるのではないでしょうか。

もちろん、1回きりの購入だけではなく次につなげるためのリピーターを増やすことも、会社にとってとても大切なことです。

しかし、販売用のホームページはあるけれど、これ以上の売上をどうやってアップすればいいのかを考えてしまうのではないでしょうか。

そこで今、売上アップのためにどの業界でも取り入れているのがニュースレターです。

ここではニュースレターを代行するためには、どうするべきなのかを見ていきましょう。

 

 

■ニュースレターを発行する理由とは

実際のところ、ニュースレターを送ったからといってその日のうちに効果が出るわけではありません。

では、どういう位置づけでニュースレターを発行するのか。

改めてなぜニュースレターを発行するのかの理由をいまいちど考えてみましょう。

 

〇固定客をしっかりつかむこと

将来的な売り上げを獲得するためには、固定のお客様をしっかりつかんでおくことが重要です。

つまり新規のお客様もそうですがリピーターの獲得も大切になってきます。

ニュースレターでは即効性はないものの、今後の認知度や売り上げを伸ばすためには有効的な方法です。

定期的なニュースレターの配布をすることで、徐々にお客様はその会社やサービスのファンになる可能性があります。

 

〇優良なお客様を育てること

ダイレクトメールのように数打てば、もしかしたら新規のお客様を獲得できるかもしれません。

しかし、ダイレクトメールは一方的な内容のため成約に至ったとしても、その商品に興味があっただけで会社や従業員に関しては全く興味がありません。

つまり、次はない可能性があるということです。

ニュースレターでは、定期的に配布することでファンを増やし、しかもそのファンの口コミによってさらに新しいお客様を連れてきてくれます。

これがどんどん増えてくると、無理に新規開拓をしなくても良くなりますし、別途高額な広告費を使わなくてもよくなります。

 

 

■効果のあるニュースレターを書くためには

では、効果のあるニュースレターを書くためにはどのようなことを意識すればいいのでしょうか。

 

〇お客様の声を掲載する

いくら会社が良いことを書こうが、ニュースレターを見ているユーザーからすれば真実なのかどうかを知ることはできません。

極端な話、「この商品は効果がある」「このサービスの満足度は100%」と言われても、本当?となってしまうわけです。

そこで大いに役立つのが、お客様の声です。

お客様の声というのは、すでにその商品やサービスを体験しているため、実際にどうだったのかというリアルな声を確認することができます。

 

〇証拠を掲載する

会社の商品やサービスをアピールするためには、商品詳細だけではなく証拠を掲載してあげることも大切です。

例えば、名のある機関に表彰されたり、TVや雑誌で紹介されたなどが該当します。

いくら社内の人間が商品やサービスをアピールしても、それはただの一方通行にしかなりません。

ですが、第三者から表彰されたり取り上げられることで、今まで以上に会社としての信用がアップします。

 

〇役に立つ情報を掲載する

ニュースレターを配布する大きな目的として、役に立つ情報を伝え続けることではないでしょうか。

この商品を買ってください、このサービスを利用してください、というような一方的なお願いになると、ユーザーはどんどん離れていってしまいます。

ですが、一歩下がってユーザーにとって知りたい情報や役に立つような情報をしっかり配布してあげることで、ユーザーの心の距離はぐっと近づくことでしょう。

例えば、歯医者であれば「こんな歯磨きは逆効果って本当!?歯科医が教える本当の歯磨き」

などです。

普段みなさんは歯磨きをするのが当たり前ですが、無意識にやっていることが間違っている可能性もあります。

それを専門性のある歯科医が教えてあげることで、ユーザーは興味をもってくれるというわけです。

 

〇解決法を掲載する

お客様はなにか悩みがあったり欲求があるから、サービスを利用したり商品を購入することでしょう。

しかし、その前の段階でどうするのかを迷っている人も多いはずです。

例えば、少しだけ歯が傷むけれど歯医者に行くほどでもないかもしれない、など。

今は痛みは気にならないかもしれないけれど、あとあと痛くなったときに治療時間や回数が多くなったり、その分の費用も高くなることを伝えてあげるだけです。

それを見たユーザーは、心配になって問い合わせや受診予約をしてくれる可能性もあります。

売りたいや申し込んで欲しい、ということを全面的に押し出すのではなくあくまでユーザー目線になって考えてあげることとが重要です。

 

〇ブログやコラムでアクセスの多い記事を掲載する

もし、自社でブログやコラムなどの記事を更新しているのであれば、アクセスが最も多いページをそのままニュースレターにするのもおすすめです。

なぜなら、アクセスが多いということは興味がある人が多いからです。

興味がなさそうなニュースレターよりも、興味がありそうなニュースレターのほうがしっかり読破してくれることでしょう。

また、すべての人がブログを見ているわけではありませんので、ニュースレターとして配布することで、よりアクセスの多いブログ記事の良さを伝えることができます。

 

 

■ニュースレターは書くのが大変だから代行するのが手っ取り早い

いざニュースレターを書こうと思ったときに、スラスラ進める人はどれくらいいるのでしょうか。

しかも、どんなことを書いていいのかも解らないですし、通常業務をしながら勉強するのは非常にしんどいものです。

せっかく調べてニュースレターを作成したのに、効果がなかったなんてことになると時間もお金も無駄になってしまいます。

そこで、ニュースレターを代行する会社や病院などが増えてきている現状にあります。

餅は餅屋のように、ニュースレターもプロに任せるのが良いという判断に至るわけです。

ニュースレター代行会社もたくさんありますが、将来的に売り上げを伸ばせられるような代行会社にお願いするのがベストです。

 

 

■ニュースレターを代行するなら「コミュニケーションツール.jp」にお任せ

もし、ニュースレターの代行をお考えなら、コミュニケーションツール.jpにお任せください。

コミュニケーションツール.jpでは、治療院や病院向けの院内配布用から、健康通販などの商品同梱用向けに、手書きのニュースレターを代行しています。

インターネット社会になって数十年経過しますが、それに比例して手で文字を書くということが少なくなったように思えます。

たしかに、パソコンで文章を打てば正確ですし、文字の下手や上手いも関係ありません。

ですが、そういう時代だからこそあえての手書きのニュースレターが必要なんです。

手書きのニュースレターだからこそ、人の暖かさだったり気持ちが垣間見えるためパソコンの文章よりも目にとまりやすくなるというメリットがあります。

 

 

■まとめ

なんでもかんでも機械化されて便利になってきていますが、結果的に感動することがなくなってきているのではないでしょうか。

だからこそ、今、手書きのニュースレターを書くことが大切なんです。

気持ちのこもった手書きのニュースレターを代行するなら、コミュニケーションツール.jpにお任せください。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

あわせて読みたい関連記事▼

    None Found

タグ

2019年10月7日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ニュースレターに関する記事

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ