イメージ画像

注意、これをせずに顧客へのDMは禁止!

こんにちは、淺田尚弘です。

 

お客様にDM=ダイレクトメールを送る場合、その目的はただひとつです。

商品・サービスを購入していただくため、または、そのためのステップの一つです。

販売促進ですね。 そのために厳禁なのは・・・

 

a0780_000078

 

そのために厳禁なのは、売り込みです。

売り込み臭さは完全には払拭できませんが、そこは工夫していくしかありません。

ダイレクトメールを送る場合でも大義名分は必要です。
お客さまが「あ~なるほどね、だから送ってきたんだな」と納得するものです。
その大義名分を作るための方法は2つあります。

 

ニュースレターを同封することと、手紙を入れることです。

 

ニュースレターは基本的に情報誌です。

ニュースレターの中におおかた、「ニュースレター○月号ができましたのでお届けいたします」
的な文言が入っていると思います。
だから送られてきた方も理由が明確にわかりますよね。

チラシを送りたい場合は、必ずニュースレターを同梱するという形にするのが一番無難な線です。

 

もう一つの方法は、手紙を入れることです。

チラシだけだと単なる売り込みになります。
そのためには、ニュースレターがない場合など、なぜこの手紙をお送りしたのかを
きちんと丁寧に説明しなければいけません。

例えばこんな風↓

————————————
拝啓 ○○の候、いかがお過ごしですか?
このお手紙は、弊社の商品○○をご購入していただいた
あなたさまだけに、 さらに○○を快適にお過ごしいただくためのお得な情報を
お届けさせていただきました・・・・・
・具体的な内容は
・根拠・背景
・メリットなど
・申込方法はこちらです
以上、長くなってしまいましたが・・・・・・・・・敬具
追伸:
————————————

 

こんな感じですね。

対面の接客もダイレクトメールであっても、コミュニケーションの本質は変わりません。

ダイレクトメールは、目の前にいる人に対して話していることを
そのまま紙媒体にしたものです。
目の前の人にいきなり売り込んだりしませんよね。

DMを送るときは、必ずニュースレターか手紙を同梱するようにしましょう。

 

sub_image_size_260_x

DMではないですが、横浜のたまプラーザ駅近くにある徳多朗というパン屋さんがあります。
横浜・川崎地区で、うちの妻にとってのNo1パン屋さんです。 
一言でいうとドイツっぽくシンプルで重いパンだそうです。
常に行列ができている人気パン屋さんであり、レシピ本も出版されています。

このパン屋さんがかかさず続けていることがあります。

それは、シンプルな手作りニュースレターです。

 

人気繁盛店になっても毎月1回発行されています。

最新版ニュースレターですが、表面のみの1ページです↓

130210_1257151

 

手作りパン屋さんが書く、手作りニュースレターってなんか雰囲気がいいんですよね。

業態は違ってもニュースレターは、お客様から信頼を得られる最強のツールになり得ます。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

あわせて読みたい関連記事▼

タグ

2013年2月10日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:健康美容通販向け販促のヒント

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ