イメージ画像

パッケージデザインを変えて売上が1億円突破!商品デザインの本質

こんにちは、淺田尚弘です。

 

デザインを変えると売上が上がるのか?

パッケージデザインを変えただけで、商品自体の売上が1億円を超えました!
・・・と先日、お客様さまから連絡がありました。

売上を上げようと思ってデザインを変えても、そう簡単には行きませんが、
なぜかデザインを変更してから右方上りになっていったということです。

この投稿の続きを読む »

タグ

2012年10月10日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:商品コンセプト創り

ビジネスの善循環には、命が吹き込まれる瞬間がある

こんにちは、淺田尚弘です。

 

集客はどんな会社でも、お店でも必要です。

健康サロンでも、治療院でも、通販でも、生命保険代理店でも、ネットショップでも
ホームページ、ブログ、チラシなど、いろんな販促ツールや広告から、
少しでも集客しようと常に試行錯誤をされているかと思います。

どんなに勉強しても、コンサルタントを雇ってみても、ほとんどは最初からうまくいきません。

やはりその人なり「歴史が動くその時」があると思います。

この投稿の続きを読む »

タグ

2012年10月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:商品コンセプト創り

「ぜ、ぜひ欲しい!」と思わせる!商品コンセプトを明確にする7つの質問

こんにちは、淺田尚弘です。

 

最短4ステップで売上UPでは・・・

5つの質問からなるお客様の声アンケート用紙を活用して、
ターゲットとなるお客様の層を絞り込んだり、反応率が高い、
売れる販促ツールにするためのコピーライティングに役立てましょうというものです。

それを行うだけでも、商品特徴や仕様書を並べ立てた他のチラシなどに比べて
遥かに効果が高いものになります。

 

それをさらに強固なものにするためには・・・
商品の持つ、より深く本質的なものに焦点を当てる必要があります。

つまり、商品・サービスのコンセプトを創る ということです。

商品やサービスのコンセプトって何ですか?
と質問された時、あなたの会社やお店では即答できるでしょうか?

この投稿の続きを読む »

タグ

2012年8月30日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:商品コンセプト創り

商品切り口分析チャート・・・普通の商品を売れる商品にするためには?

こんにちは、淺田尚弘です。

 

商品を売るための考え方、売れる切り口の考え方です。

この時代に通信販売をする場合、成功するパターンとしては大きく2つしかありません。
「特化型」か「3000千点以上の品揃え」 です。

10年前から言われてきてますが、それは今も変わりません。

小さな会社・お店ですと、品数豊富に揃えてデパート化する方法は、
手間が掛かり過ぎるしデメリットの方が大きいです。

だから大手の企業が参入してこれないようにするために、
商品を狭めて研ぎ澄ましていくしかありません。

専門化、手作り、手間をかけた商品、生産者の見える化など、
どんどん特定化して範囲を狭めていくことです。

その狭め方、つまり切り口にするためには、大きく2つの方向性があります。

 

この投稿の続きを読む »

タグ

2012年4月21日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:商品コンセプト創り

このページの先頭へ