イメージ画像

誰でも簡単にできるニュースレターの書き方、シンプルな構成

あなたがもし商売をされているのであれば、ニュースレターは、きちんと定期的に発行してますか?

お店であれば、店頭で配る、定期的に送る。
通販であれば、定期的に送る、商品に同梱する。

ニュースレターは、連絡頻度をあげるたびに、相乗効果が上がるツールです。
問題は、作るのが面倒だということ。

大丈夫です! 良い方法があります。

自分で書くのが面倒な場合は、事務所の女性に作ってもらうのがベターです。

男性は、ビジネス文章は作れても、手紙は書けない人が.多いです。
逆に、女性は、手紙を書く習慣があることや楽しみながら作れる人.が多いです。
下書きなしに、いきなり便せん正書する女性の方って多いです。
書きなれている証拠です。

イラストも人によっては簡単に描いてしまいます。

もうひとつ、最短でニュースレターを発行するための、誰でも簡単にできるニュースレターの作り方、そして、シンプルな構成をお伝えしておきます。

ぜひ、参考にしてください。

ざっとこんな感じです↓

 

NL-simple

 

 

●ニュースレター作成のポイント

  • ポイント1 お店の名前はNGです。
    お客様が得られる素晴らしい未来を想像させるようなタイトル
  • ポイント2 ニコッとわらった社長の写真
  • ポイント3 あなたが目指している使命・大切にしている理念を記載する
    あなたの本当の想いを発信して、お客様の共感を呼びます
  • ポイント4 お客とのコミュニティを感じさせる
    お客様の声、お客様からの質問コーナーなど
  • ポイント5 紹介ツールとしての仕組み
    店舗の場合 「店舗等においてくださる方募集してます」
    通販の場合 「○○で悩んでいる方をご紹介ください」
  • ポイント6 お客様との共感を呼ぶ写真を活用する
    例・お客様のペットの写真を使うととても反応が良い場合が多い

 

●ニュースレターに書くこと その1
ニュースレターに書くことは、あなたのお店・会社のパーソナルな話題が基本。中でも失敗談は一番Good!

  • 趣味
  • その土地の歴史探訪
  • お客様体験談
  • 質問されて気がついたこと
  • スタッフの紹介
  • 最近見た映画
  • 面白かったこと
  • 気になること
  • 自分の失敗談など個人的なこと
  • うら話

 

●ニュースレターに書くこと その2

健康・自然食品系ニュースレターの黄金比率は・・・
80:20=健康に関する記事:商品・サービスに関する記事

ニュースレター全体の80%を、商品・サービスとは直接的に関係ない健康という大きな枠組みの情報にし、全体の20%を、メイントピックスという形で、商品・サービスに直接関係する有益な情報にします。つまり、商品・サービスの売り込みが、全体の2割以下なら何の問題もありません。

例えば、お店のニュースレターのメイントピックは・・・

  • 今月のお知らせ・来月のお知らせ
  • 新メニューや期間限定メニュー
  • 治療院やサロンの特徴
  • モニター募集
  • 今月のおススメコース
  • ○○会員様だけのお得な特典
  • 集客商品(フロント商品)の簡単な案内

などです。

初心者編としておすすめは、「今月のお知らせ・来月のお知らせ」や「今月のおススメコース 」などです。あらかじめ1年分をまとめてざっと考えておくだけで、毎月、ルーティンで記事を書くことができますから。

 

 

もし、ニュースレターの作成を社員がやってくれそうにないのであれば、そのときは、代行会社への外注を考えてください。

売上が少ないときは、ニュースレターは自分で作るか、雛形テンプレートを活用し継続して発行し続ける。 売上が上がってきたら、ワンランク上のニュースレターを作成する…これがベストです。

私たちの会社も、ニュースレター雛形やオリジナルを制作いたしますが、雛形テンプレートを活用すれば、コストも時間も削減できます。

それでも、内容=コンテンツの一つは自分で考えて、あなたの味がでるようにしてください。

はじめは苦労はします。
ですが、ニュースレターは、それだけの価値、効果は絶対あります。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

あわせて読みたい関連記事▼

タグ

2016年10月9日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ニュースレターを創る

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ