イメージ画像

あなたが発行するニュースレターが、月またがりになっても大丈夫な仕組み

こんにちは、淺田尚弘です。

 

「グルグルグルグル グルコサミン♪~」

 

これは健康食品を販売している世田谷自然食品という会社のテレビCMです。

当然、この会社はニュースレターを作られています。
手作り風で。こんな風です↓

 

o0388055012426017061

o0386054812426017062 

 

このニュースレターは、1年12回発行されています。

上記の号は、「1月・2月号」
翌月発行する号は、「2月・3月号」
翌々月発行する号は、「3月・4月号」

 

お分かりでしょうか。

毎回、連号にしながらも、あえて月を重ねておくことで、ある月のニュースレターが仮に月またがりになってお客様に発送されたとしても大丈夫なように工夫してあります。

2月号なのに、3月2日に発送したり、お客様にお渡しすることはできません。
もったいないですけど、失礼にあたります。

でも、「2月・3月号」となっていたら、月またがりになってしまったとしても、お客様に発送したり、お渡しすることができます。

 

ニュースレターを発行されているみなさま、ぜひ参考にされてください。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

あわせて読みたい関連記事▼

タグ

2013年4月16日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ニュースレターを創る

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ