イメージ画像

小さな会社・お店が信頼されるための効果的なニュースレターコンテンツ

こんにちは、淺田尚弘です。

 

売るための方便というものがあります。
本当はこう思っているのに、こう感じているのに、売らないといけないので、当たり障りのない言葉を伝える。

 

a0782_001123

 

健康食品のように、薬事法など法律で規制されていることもありますので、むやみやたらに治るとか、治ったとかいえません。

その部分はきちんとギリギリの範囲と、言い回しを使い分けるしかありません。

 

もうひとつ。

あなたが、経営者や責任者なら・・・
あなた自身が普段から感じていること、気がついたこと、本当の想いなどをどこかでお客様に向けて発信していますか?

 

「素」のあなたのことです。

 

リラックスした状態で、となりに気が許せる友達がいる。
そんなときにでてくるのは本音です。
熱い想い、したたかな想いなど。
失敗したこと、その中から気がついたことや、これだけはわかってほしい商品やサービスのことなどです。
あなたの価値観や信念。

 

いわゆる自己開示をしていますか?

 

小さな会社やお店が、認めてもらうためには、ある程度は信頼されないといけません。
その一つが、自己開示と定期的な情報発信です。

  • 社長や店長、院長先生の顔写真。
  • スタッフの写真。
  • どういう考え方で商品やサービスを販売しているのか?
  • 何を大切にしているのか?
  • どこに向かおうとしているのか? 

などです。

 

 

そういうものが根底にあれば、お客様に喜んでもらえるような以下のようなニュースレターのコンテンツも生きてきます↓

  • お客様にとって共感する、気づきを与える、面白いニュース
  • あなたが持っているノウハウ
  • お客様にとってのタイムリーな情報
  • 事例解説
  • 誌上コンサルタント
  • オススメの書籍
  • 会員からのお知らせ

などです。

 

例えば、以下のようなコンテンツでニュースレターを構成するしてもいいでしょう↓

  1. 社長・院長あいさつ
  2. イベント
  3. お客様を主人公にした記事
    (リフォーム会社ならお宅訪問、資格養成講座なら卒業生インタビューなど)
  4. スタッフ紹介
  5. お役立ち情報
  6. お客様の声
  7. 編集後記

 

 

これらの情報発信を行うために最も適したツールが、ニュースレターという「情報の手紙」です。

ぜひニュースレターを発行してください。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

あわせて読みたい関連記事▼

タグ

2013年6月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ニュースレターを創る

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ