イメージ画像

商品切り口分析チャート・・・普通の商品を売れる商品にするためには?

こんにちは、淺田尚弘です。

 

商品を売るための考え方、売れる切り口の考え方です。

この時代に通信販売をする場合、成功するパターンとしては大きく2つしかありません。
「特化型」か「3000千点以上の品揃え」 です。

10年前から言われてきてますが、それは今も変わりません。

小さな会社・お店ですと、品数豊富に揃えてデパート化する方法は、
手間が掛かり過ぎるしデメリットの方が大きいです。

だから大手の企業が参入してこれないようにするために、
商品を狭めて研ぎ澄ましていくしかありません。

専門化、手作り、手間をかけた商品、生産者の見える化など、
どんどん特定化して範囲を狭めていくことです。

その狭め方、つまり切り口にするためには、大きく2つの方向性があります。

 

この投稿の続きを読む »

タグ

2012年4月21日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:商品コンセプト創り

ニュースレターで口コミを自然発生させる方法

こんにちは、淺田尚弘です。

 

口コミを自然に発生させる方法があります。

治療院やサロンのような店舗であれば、エキテンなどの口コミ情報サイトを活用するのも一つですし、紹介カードを配るのも一つです。

ですが、もう一つ簡単に口コミを自然発生させる方法があります。

この投稿の続きを読む »

タグ

2012年4月16日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ニュースレターを創る

治療院・サロン向け-次回の予約をとるために必要な考え方

こんにちは、淺田尚弘です。

 

現在、不況の中でどんな業種も悪戦苦闘しています。

今回は、お客様とのコミュニケーションにフォーカスしたいと思います。

整体・整骨院などの治療院、健康サロンなど、個人で比較的参入しやすいため、
最近は、あちらこちらで店舗が増えて競争が激化しています。

治療院も健康サロンも、新規顧客を獲得する「集客」に目がいきがちですが、
それと同じくらいに大きな課題があります。

それは・・・

次回の予約がとれない、もしくはキャンセル率が多くて予約が埋まらない、課題です。

10人来院された方が、9人予約をされるようなリピート率が高い治療院であれば、
少しの口コミだけで集客は事足りるのでしょうが、現実はそうでもないのです。

実は、儲かっているお店とそうでないお店の一番の違いは、その予約率・リピート率の違いでもあります。

この投稿の続きを読む »

タグ

2012年4月9日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:治療院・整体院向け販促のヒント★その1

このページの先頭へ